有馬玩具博物館では、収蔵する約4000点のおもちゃをテーマごとに4つのフロアに展示しています。実際に触って遊べるコーナーや、ボタンを押して遊ぶカラクリ人形など、家族みんなで遊べる内容が充実。また、博物館スタッフによる展示品のご紹介も行っています。。

ドイツ東部・エルツ地方で長年培われた、マイスターの技が光る「伝統的なおもちゃ」。6階ではクルミ割り人形や煙出し人形など、おもちゃ職人の手によって生み出されたミニチュアのおもちゃをご覧下さい。

シンプルな形に「遊び」をギュッと詰め込んだ積み木やぬいぐるみ…。子どもたちは「遊び」を通して自分をとりまく世界と触れあっていきます。5階ではヨーロッパを中心としたおもちゃをご紹介。実際に遊んでいただける「プレイスペース」もご用意しています。

人形が釣りをしたり魚を食べたり。イギリスからやって来たからくり人形・オートマタのユーモラスな動きは、簡単な仕掛けの組み合わせです。4階ではその仕掛けの解説からオートマタまで、動かしながら楽しんでいただけます。

現代によみがえった懐かしいブリキのおもちゃたち。1950年代まで日本はブリキのおもちゃの一大生産国でもありました。3階ではそのブリキのおもちゃの歴史と制作工程、ドイツ・メルクリン社の鉄道模型をご覧いただけます。

2F 「有馬食堂」
1F 工房・ミュージアムショップ・チケット売場